HOME > 試験調査 > 事業内容 > 現場透水試験
室内透水試験

適用範囲
 飽和状態にある土の層流状態における透水係数( k )を求める。

試験方法の種類
1.定水位透水試験
 この試験は、透水性の大きい砂質土(k=10-2〜10-3cm/s程度のもの)に適用される。これは、あらかじめ水で飽和させた土試料に一定の水頭差を保ちながら透水させ、ある時間t(s)の間の透水量Q(cm3)を測定する方法である。

2.変水位透水試験
 透水性の比較的小さい細砂やシルト質土(k=10-3〜10-6cm/s程度のもの)に適用される。この試験は、真空ポンプなど利用して、あらかじめ供試体内の空気を排除し、水で飽和させておく、そして、ある水位のもとで透水を開始し、透水とともに水位が時間的に変化してゆく様子を測定して求める方法である。


透水性と試験方法の適応性
▲PAGE TOP
 個人情報の取り扱いについて Copyright(C) 2006 MARUTANISHIKO, LTD. Allrightsreserved.