HOME > 試験調査 > 事業内容 > 横方向載荷試験
横方向載荷試験

試験方法
 本装置(応用地質製)はボーリング孔の所定の位 置にゾンデを挿入した後、高圧ガス(窒素ガス)を介してゾンデに送水,加圧膨張させ、この時の圧力とゴムチューブの膨張量 、すなわち土に与えた変形量の関係から地盤の変形特性を求めるものである。 LLTの測定装置、圧力ー容積計(タンク),ゾンデ(載荷部),ガスボンベ(給圧部)と各々を連結するナイロンチューブから構成される。試験は急速載荷(時間制御)で行い、加圧後15秒,30秒,60秒,120秒時にタンクのスタンドパ イプの水位 を読み、105秒でセル圧(ゾンデ内圧力)を記録する。1段階の載荷は120秒で終了し、直ちに次の加圧段階に入る。 試験は、明らかに地盤が破壊状態になるか、タンク内の水が全てゾンデに注入された時点で終了する。

▲PAGE TOP
 個人情報の取り扱いについて Copyright(C) 2006 MARUTANISHIKO, LTD. Allrightsreserved.