水浸式ホイールトラッキング試験機
TR-445
概要
 本機は、アスファルト舗装用混合物の水浸ホイールトラッキング試験装置で、水と交通作用によって起こる性状変化を実際と類似した条件で実験的に求める室内試験機であります。試験は、供試体を水槽内に設け、一定温度条件のもとにおいて、荷重をかけた車輪を供試体上で往復運動させ、性状変化を試験するものであります。
特長
水浸および非水浸条件で試験が行えます。
車輪の往復走行速度とトラバース速度を任意希望速度に無段で変速することができます。
衝撃がなくスムーズで静かな車輪走行試験が行えます。
車輪走行枠が供試体台座より大きく後退するので、広いスペースで供試体の取付、取外しが容易に行えます。
恒温室(オプション)のガラス窓より試験状況を監視しながら、車輪の往復走行、車輪の上昇下降、トラバース移動、変位量の測定記録、温度の測定記録が制御盤操作で容易に行えます。
TR-445 制御盤
TR-445 本体 ・ TR-355 恒温室
仕様
1.供試体寸法 巾300mm×長さ300mm×厚さ50〜150mm
巾300mm×長さ300mm×厚さ50〜150mm
2.車輪負荷装置 負荷方式 ダイレクト負荷 電動スクリュジャッキ昇降式
接地圧 輪荷重 700±10N(標準)
接地圧 640±15kPa
輪荷重 550±10N(水浸)
接地圧 50±12N
走行試験輪 ソリッドタイヤ(接地圧検査表付)
直径200mm×巾50mm×ゴム厚15mm
ゴム硬度 JIS 硬度78±2(60℃)
JIS 硬度84±4(20℃)
昇降電動機 AC200V 3 相 90W
往復走行装置 走行方法 クランク駆動車輪往復運動式
走行速度 20〜75 回/min(標準42 回/min) 無段変速
走行距離 230mm(標準) 350mm(水浸)
走行位置 供試体 中央 前 後(3 位置設定式)
走行モータ AC200V 3 相 0.75kw
トラパース走行装置 走行方式 電動スクリュ駆動走行枠反転往復運動式
トラパース速度 40〜160mm/min(標準100mm/min) 無段変速
トラバース巾 0〜300mm
トラバースモータ AC200V 3 相 0.2kw
水浸装置 水槽 ステンレス製
ヒータ パイプヒータ AC200V 6kw
加熱防止、空焚防止付
循環ポンプ AC100V 単相 80W
計測装置 走行回数 カウンタ表示 任意往復回数設定自動停
変位量 最大40mm (50mm ストロークリニヤゲージ使用)
アナログレコーダ記録
デジタルプリンタ印字
温度 供試体表面温度アナログレコーダ記録
機体寸法 長さ1,880×奥行1,130×高さ1,360mm
※機能、性能向上などのため予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
▲PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて Copyright(C) 2006 MARUTANISHIKO, LTD. Allrightsreserved.